心の在り方


健康と心


体の健康を保つためには、心の在り方はとても大切なことは皆さんもご存じだと思います。
豊かな心を作ることは、今在ることに感謝すること、好きなことをみつけることで誰でも築いていけることだと感じています。


このページでは、「ありがとう」とは?と「好きなことを見つける方法」について紹介したいと思います。


原理原則「ありがとう」とは

日本はとても恵まれています。恵まれすぎていて20代の時に私はメンタルを崩した経験があります。7年間の過食症になりました。(昔、過食症でした。治りました。

当たり前のことに「ありがとう」の気持ちを感じにくくなってしまっていました。本当の意味で理解していなかったと今では思います。

4度うつ病を経験したピース小堀さんのYOUTUBE動画は、この世の原理原則「ありがとう」を徹底的に説明してくれていると思います。なにより生きた言葉なので私の肚にすとんっと入ってきました。

日本に生れているだけで奇跡の土台で生きている。例えば、家がある。水がある。食べ物がある。安全がある。
ありがたいものの繰り返しにある。

「辛」は壁を突き抜けると「幸」になる。
辛いときは、一個壁が在る。それを乗り越えたら幸せになる。辛い!辛い!と思った時は在る方が見えてない。ない方ばかり見ている傾向がある。今その状況の中にある、幸せなもの有り難いものを見つけることで乗り越えられる。
「ありがとうを探せ!!」

ピース小堀さんの動画→ https://www.youtube.com/watch?v=h_Be5XoSTT8




好きなことを見つける方法

私は、椎間板ヘルニアになったり、4度の流産(4度の流産の経験から学んだこと)を繰り返したのをきっかけに、体おたくになりました。続けていくうちに体は変化し向上することを知ったことで更におたくになり、好きなことに変わり、希望を持ちました。
体に対する私の目標は「生れた時の最高の状態と同じように死ぬ時も最高の状態で死ぬ」という希望があります。

仕事でのある程度のストレスも自分の死の希望があることで、心の負担も軽減されているように思います。

何か夢中になれるものは、心の栄養になっているんだと思います。



みなさんの中には、自分は何が好きか分らないという方もいらっしゃると思います。

好きとか嫌いとか、感覚的なものや楽しさは右脳がきちんと働くと気づけるようです。
現代の仕事は数字やデーター、論理等の左脳重視傾向があるようでバランスが悪くなってきているそうです。
それにより自分は何が好きなのか感じる感覚が弱くなってきているそうです。

今、脳のバランスを整えるものとして私がおすすめなのが二つありますので紹介したいと思います。
自分の好きなことや自分を知るきっかけとなれば幸いです。


☆右脳と左脳のバランスを良くするものとしては 楽読さん(https://rth.co.jp/


本を早く読むことをトレーニングするのですが、脳を活性化させることを行います。私は体験を1回しましたが、速読スピードは上がりました。これを続けていくと脳にいい影響がありそうだなっというのは感じます。




☆感情と旨く付き合うものとして 楽ドラさん(https://rakudora.sukumane.biz/sukumane/page/top


自分の気持ちを吐き出して、自分は本来どうしたいのか気づくことができるようです。
楽ドラさんも一度体験しましたが、私の普段言えないものを吐き出すことをしたのですが、「怒り」が多く在ったことにびっくりしました。私は、感謝の気持ちは人に素直に出せるのですが、「怒り」は躊躇します。隠す、出さないように意識していました。なんだか、その体験を通して「怒り」は悪くない、ネガティブばかりではないように思ったんです。全ての感情は愛おしいと思ってきています。




※回し者ではありません。純粋に体験をしてみて素晴らしいと思いました。








次に読んだ、以下の本も私にとっては学ぶことが多かった本です。

アンガーマネジメント(https://www.angermanagement.co.jp/
わもん(http://wamon.co.jp/