足の裏のメンテナンス


このぺ-ジでは私の歪みに対する足の裏側のメンテナンスについて紹介しています。
動画も用意しています。





始めは、足首周りを解します。

足指に手をしっかり絡ませて外と内、両方に足首を回します。
※がに股の人や足を伸ばしたときにつま先が外側に大きく開く人は内回しを多めに行うと良いと思います。

私は、内回し15回、外回し10回を2~3セットくらいやります。





①かかとの硬いところを解します。

かかとの硬い所を指や足つぼの棒を使って潰していきます。
片手で足の裏を天井に開き、もう片方の手はかかとを潰します。
その際、呼吸と合わせて自分の体重をかかとにのせるように行います。全身ゆらゆら動かしながら行います。



①踵の側面は、正座になり親指を踵の側面に当てて体重をかけながら潰していきます。





②小指の付け根の硬いところを解します。

片手で小指を回し、もう片方の手で小指の腹に指を当て硬い所を解いていきます。
 *指の感触から筋肉が解けていくのがわかるはずです。




③親指の関節を解します。

片手で親指を回し、もう片方の手は親指の関節の硬いところを刺激していきます。

※刺激を与えたい部位は、踵や付け根等ピンポイントで小さい部位ですが、解す時にはゆっくりした呼吸と、全体重を解したい部位にのせるようにします。指の力に頼っては行いません。小さな全身運動ですが、呼吸とゆらゆら揺れる動きにより体が熱くなり、汗が出てきます。